佐久おもしろ散歩道 節分の豆まき

昨日は佐久市野沢にある「ぴんころ地蔵」で有名な成田山薬師寺の「豆まき」に行って来ました。

節分の豆まきは東京に住んでいた小学生の頃に一度だけ行ったことがあります。

長野の豆まきはもちろん今回が始めてでした。

豆まきは午後の3時半からでしたが2時過ぎには境内にたくさんの人が詰め掛けていました。

皆さん手にはそれぞれ大きなビニール袋を持って豆まきが始まるのを今か今かと待ち構えていました。

節分
《豆まき前の風景》


「福は~ぁうちぃ~鬼はぁ~そとぉ~」の掛け声とともに境内にある5箇所の豆まき台から福男と福女が次々と品物を投げ始めました。

大小様々な達磨、商品券、ボックスのティッシュ、タワシ、ミカン、ボールなどなど・・・凄い数の品々がヤケクソ状態で飛びかっていました。

昔は生きた鯉(この辺は佐久鯉が有名です)やニワトリも飛んできたそうです。


今回の豆まきで一番驚いたのは殻付きのピーナッツを福豆として投げていたことです。

「え!大豆が福豆じゃないの」と訝しく思いながら見ていると地面に落ちた殻付きのピーナッツを皆さん競い合って拾っていました。

「長野県の節分は昔からピーナッツですよぉ」と私に教えてくれたのは飛んできたミカンが頭に当って痛そうにしていたサトエリ(佐藤江梨子)似の女性でした。

確かに地面に落ちた大豆だったら食べられません。

グッドアイデアではあります。

しかし・・・

昔から大豆を投げてきた者にとっては「チョッと風情が無いんじゃなぁ~い」なんて言いたい気分です。

それに節分では「歳の数だけ豆を食べる」という習慣がありますが・・・

殻付きピーナッツの場合はどうやってカウントするのでしょうか?


今日スーパーに行ったら大量の殻付きピーナッツの隣にほんの申し訳程度の大豆が売られていました。

「君たち東京に行ってたらヒーローになれたのにネ」




「長野県じゃ殻付きピーナッツなんだ」と思った方【ログハウス】【薪ストーブ暮らし】にポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ログハウスに似合うインテリアをお探しならペーターランドにお任せください。
会員登録を先に済ませていただくと、ご購入時に5%の割引特典が受けられます。

オオカミ



スポンサーサイト
[ 2012/02/04 20:42 ] 佐久おもしろ散歩道 | TB(0) | CM(6)