岩村田祇園祭の放水シャワーは半端じゃなかった!

北陸新幹線佐久平駅にも程近い岩村田(いわむらだ)は、その昔、江戸から22番目の中山道の宿場町として栄えました。

その岩村田地区で7月16日と7月17日に恒例の「岩村田祇園祭」が開催されました。

岩村田の祇園祭は1398年、愛知県津島神社よりお迎えしたと言われています。

すでに610年以上の歴史があるお祭りです。

3基の大人神輿と女神輿、100基近い子ども神輿がそれぞれの町内を練り歩き祭を盛り上げます。

17日の日曜日は岩村田商店街に神輿が集まると言うので行ってきました。

P1140379.jpg


2基の大人神輿を発見!

P1140370.jpg

↓こちらは荒々しく練り歩くので有名な「暴れ神輿」です。昔はかなりヤンチャなパーフォーマンスをしたそうです。

P1140373.jpg

ここからが普通のお祭りとはチョット違うような。。。

消防団員が火事でもないのに楽しそうに放水してました!

P1140377.jpg


放水シャワーの先には・・・

P1140375.jpg


さっきの暴れ神輿が!

P1140376.jpg


未来を担う子どもたちも大人に負けてはいません。

P1140386.jpg


シャワーの真っ只中でパーフォーマンスです。

子ども神輿に水をかける「お水渡し」と言う儀式だそうです。

P1140409.jpg


飛んだり跳ねたりして、神輿を手荒に扱い・・・

P1140410.jpg


何故か最後は神輿を地面に叩きつけていました!?

P1140411.jpg


理由は・・・
神輿に載っているとされているのが「スサノオノミコト」だからだそうです。

スサノオノミコトは、暴れん坊の神様で、手荒に扱えば扱うほど喜んでもらえると考えられているため、神輿を徹底的にナブリ倒すために、地面に叩きつけるのが慣わしだとの事でした。

30℃以上もある暑い日でしたが、強力な放水シャワーのお陰で暑さも忘れて、祗園祭をカメラに収めることができましたが、あまりの放水の凄さにカメラが心配になりました。

それでは、今日はこのへんで。。。
スポンサーサイト
[ 2016/07/19 21:15 ] 佐久おもしろ散歩道 | TB(0) | CM(6)

色んなスタイルがあるのですね

このようなお祭りがあることを初めて知りましたよ。
日本の祭りスタイルは実に面白いですね。
こちらでは若者がいなくなり廃れる一方です。
これも時代の流れなのでしょう。
[ 2016/07/19 22:44 ] [ 編集 ]

Dra&長靴さん

水が豊富な佐久市ならではのお祭りです。
伝統的なお祭りが消滅の危機にあると
よくニュースで報じていますが
将来的にはその地域自体が消滅の危機に
なるんでしょうね。
何か方策を考えないといけませんね。
佐久市はその一つが「移住促進」です。
[ 2016/07/20 21:01 ] [ 編集 ]

火祭りでも

夏山富士のフィナーレを飾る富士吉田の「火祭り」
でも赤い富士山神輿が手荒く扱われて、叩きつけ
らるそうです。

暴れ神輿は次世代が育って大丈夫そうですね。
着替えはお持ちでしたか?
[ 2016/07/21 08:20 ] [ 編集 ]

kattiiママさん

同じ佐久市でも過疎化が進んでいる地域もあれば
県内で21年ぶりに小学校が新設された地域もあります。
なんとかこのギャップを埋めて
どの地域でも次世代にバトンタッチできる伝統行事を
続けていきたいものです。

[ 2016/07/21 20:39 ] [ 編集 ]

うちの村では神輿は軽トラに乗って移動してるみたいです (ヽ´ω`)トホホ・・
[ 2016/08/04 07:24 ] [ 編集 ]

唐さん

お祭りの慣習も時代とともに
変化していると言うことでしょうかね。
[ 2016/08/06 15:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paterland.blog118.fc2.com/tb.php/1007-2945ab28