信州の奇祭「榊祭り」

望月はその昔、江戸から25番目の中山道の宿場町として栄えた所です。
その望月で室町時代から続くという、火と榊(さかき)によって一切の不浄を払い浄め、五穀豊穣や無病息災を祈る、荒々しくも幻想的な火祭り「榊祭り」が開催されました!

夜のトバリが下りたころ、遠くの方から足音と共に炎が近づいてきました!

P1150208.jpg


山から駆け降りた男衆の集団が、人の背もある松明を掲げ、目の前を通り過ぎて行くと・・・

P1150217.jpg


望月橋へ駆け寄り、松明を一斉に鹿曲川(かくまがわ)めがけて投げ込んでいきました!

P1150232.jpg

P1150233.jpg

P1150234.jpg

P1150235.jpg



祭りのクライマックスは「榊祭り」の名前の由来となった、榊神輿(さかきみこし)が登場!!

P1150291.jpg


榊の神輿を激しく前後に揺さぶり、相手の神輿にぶつけたり、地面に叩きつけます。

P1150275.jpg


神輿が去った後には、榊の枝や葉が地面に飛び散っていました。

P1150266.jpg


榊の枝にはご利益があると信じられているため、枝を自宅へ持ち帰る見物客の姿を、大勢見かけました。

P1150293.jpg


信州の奇祭「榊祭り」は深夜まで続き、私たちを十二分に楽しませてくれました。

それでは、今日はこのへんで。。。ペーターランドでしたぁ~
スポンサーサイト
[ 2016/08/17 22:03 ] 佐久おもしろ散歩道 | TB(0) | CM(4)

隣町ながらどんな祭りか知りませんでした。
そういうお祭りなのですね。
[ 2016/08/17 22:26 ] [ 編集 ]

うちの村にも

内容も規模も違いますがうちの村でも火祭りが行われていますよ。
私は祭りが苦手で参加したことはありませんがね(爆)

[ 2016/08/18 08:27 ] [ 編集 ]

焚火人さん

私も今回初めて見物して
どんなお祭りなのか初めて知りました。
[ 2016/08/18 21:52 ] [ 編集 ]

Dra&長靴さん

「祭り嫌い」なのでこーいった場所は私も苦手ですが
今回はワケあって見学しました。
[ 2016/08/18 21:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paterland.blog118.fc2.com/tb.php/1012-fd6403fa