スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

縄文土器太鼓の製作 鹿の毛を剃る

大昔、縄文人がお祭りに使った土器太鼓作りを始めました。

土器太鼓は土器に鹿の皮を張って作ります。


土器は小学生の皆さんが縄文時代の土器をまねて粘土で作り、釜で850℃に焼きました。

縄文土器


太鼓に使う皮は罠にかかった鹿の皮を剥ぎ、何日も天日で干してから使います。

鹿皮


まず土器の口より大きめに鹿の皮をハサミでカットします。

鹿皮のカット


カットしたら皮を柔らかくするため、しばらく水の中に浸けます。

鹿皮を水に浸ける


柔らかくなった鹿皮は円筒の台にのせ、石鹸をつけてから専用の剃刀で毛を剃っていきますが・・・

顔を鹿の毛に近づけているため、強烈な臭いでノックアウト寸前になります。

鹿の毛に石鹸を塗る


皮に穴をあけないように慎重に剃っていきますが、毛が硬くなかなか上手く剃ることができません。

鹿の毛を剃刀で剃る


獣臭と剛毛と格闘しながら剃ること40分、ようやく1枚完成しました!

鹿の毛を剃る


毛を剃った皮は塩水にしばらく浸けた後、真水で塩分を洗い流します。


作業が終了する頃には手が鹿の油でツルツルになりました。


次回は土器に鹿の皮を張る作業に挑戦します。



土器太鼓に興味を持たれた方、【ログハウス】【薪ストーブ暮らし】にポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村


ログハウスに似合うインテリアをお探しならペーターランドにお任せください。
会員登録を先に済ませていただくと、ご購入時に5%の割引特典が受けられます。

クーガー






スポンサーサイト
[ 2011/07/04 20:41 ] ログハウス森暮らし | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paterland.blog118.fc2.com/tb.php/169-111c949f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。