コラボで作るファイヤー・スターター

唐突ですが・・・

皆さんは使った天ぷら油をどのように処理されていますか?

「固めてポイ」してるのでしょうか。


チェーソーで出たおが屑はどうしてますか。


おが屑


我が家ではこの天ぷら油とおが屑をコラボして再利用しています。


コラボはまずおが屑を乾燥させることから始めます。


おが屑



乾燥したおが屑は金バケツに保管しておきます。

バケツ
《寸法:高さ400 x 直径380ミリ》


使用済みの天ぷら油がでたら金バケツにあけ、おが屑とよ~く混ぜれば「ファイヤー・スターター(着火剤)」の出来上がりです。


おが屑の着火剤

素手でおが屑を持っても油で手がべとつくことも余りありません。


我が家では一握りのおが屑の下に乾燥した木の皮を敷いて小枝や木っ端を混ぜて点火しています。

薪作りで出たどんな木っ端や木の皮も無駄にしない気持ちで薪をこしらえています。

薪小屋の中

それが木の生命を奪った私ができるただひとつのことだから・・・。


「ファイヤー・スターター良いね」と思った方【ログハウス】【薪ストーブ暮らし】にポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村


ログハウスに似合うインテリアをお探しならペーターランドにお任せください。
会員登録を先に済ませていただくと、ご購入時に5%の割引特典が受けられます。

シカのブロンズ像
スポンサーサイト
[ 2011/11/28 22:52 ] 薪ストーブ | TB(0) | CM(10)

これは さっそく 真似しねば...
薪割工程が一つ減って 邪魔者のオガクズも役に立って...

ポチと栗
[ 2011/11/29 10:16 ] [ 編集 ]

なるほど
エコな着火材ですね♪

うちでも同じように油とおがくずを混ぜますが
使う場所は畑の堆肥としてです~
[ 2011/11/29 10:58 ] [ 編集 ]

こんにちは。
いつも読み逃げですみません。

食用油なら燃やしても、おいしそうな匂いになりそうですね。
ちょっと試してみたいです。
[ 2011/11/29 11:19 ] [ 編集 ]

ここまで木を無駄にしない姿勢には頭が下がります<m(__)m>

さすがです!手がべとつかないのもビックリ!

私は、今回造園屋さんから頂いた欅の細かいのをどうしようか迷っています(時間的な問題で)

ペーターランドさんだったらどうしますか?
[ 2011/11/29 12:27 ] [ 編集 ]

makiwariさん

参考になるかわかりませんが我が家では枝がパキパキ手で折れるくらいに
なるまでそのままの状態で乾燥させてからクッキングストーブの点火や
擱きが消えそうな時に投入する「火熾し」として使ってます。

ミセス・ペーターランドが暇な時にパキパキと手のひらサイズに折っては
プラスチックのボックスに溜めてますよ。



[ 2011/11/29 18:36 ] [ 編集 ]

唐さん

天ぷら油の処理は奥様もきっと困られていると思います。

これで点数稼いでください。
[ 2011/11/29 20:44 ] [ 編集 ]

たきちゃん

遊びに来ていただきありがとうございます。

是非試してみてください。

我が家もバーモントですよ。
[ 2011/11/29 20:47 ] [ 編集 ]

くろあんこさん

初コメありがとうございます。

美味しそうな匂いがするかどうかわかりませんが
ファイヤー・スターターとしては申し分ありません。
なにより廃油の処理としては良い方法だと思います。

ストーブクッキングがんばってください。
[ 2011/11/29 20:59 ] [ 編集 ]

エコですね。

実に見事なリサイクル&エコロジー、恐れ入ります。現代生活はゴミとのある意味戦いですね。我が家ではせいぜい市で決められた曜日毎の分別ゴミ出しを守りぐらいですね。今、BSフジで放送されている80年代に話題となった「北の国から」という北海道の富良野を舞台にしたドラマを毎週見ていますが、電気もガクも水道も無い廃屋での生活が今の日本そのものへの警鐘のように思えてしまいます。
[ 2011/11/30 13:36 ] [ 編集 ]

マッキー7さん

我が家でもガスは使ってません。
水は地下に溜まった雪どけ水を利用しています。
暖房と調理はご存知のとおり薪を使ってますし・・
確かに都会暮らしの皆さんよりも我が家の生活は「人間生活と自然との調和=エコ」
に近いかも知れませんね。



[ 2011/11/30 14:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paterland.blog118.fc2.com/tb.php/235-d8a5f631