これってスローライフ?

いつ頃から言うようになったんでしょう「スローライフ」って?

友人は私に「スローライフを楽しんでるね」と申しますが・・・


そもそもスローライフって何だろう?

調べてみると「自然と調和したゆったりとした時間の流れを楽しむ生活スタイル」のことを意味しているらしいです。

おそらくはそんな意味だろうとは思いましたが・・・


そこには「効率とスピードを優先していつも時間に追われている現代のライフスタイルの反省が背景としてある」のだと言います。


私は・・・

確かに自然の中で暮らしてはおります。

「自然と調和する」ってどう言うことかハッキリしませんが多くの時間を自然の中で過ごしています。

でも・・・

「ゆったりとした時間の流れを楽しむ生活」については少々疑問があります。


我が家では9ヶ月以上薪を焚きます。

そのためにたくさんの薪を「効率よく」作る必要があります。

薪割り人の目標は2年後に備えて薪を作ることです。

ダラダラと薪を作っていては来年焚く薪さえ十分に準備できません。


常に薪作りに追われている私は決して「ゆったりとした時の流れを楽しむ生活」を送っているとは思えませんが・・・


今日も檜林で広葉樹を拾ってきました。

ほとんどがクルミの木です。

お宝


林の中にはたくさんのクリの木を残してきました。

明日雪が降っていなかったら取りに来ます。

お宝



午後は白樺高原国際スキー場に出かけました。

平日のスキー場

平日のしかも遅い時間に滑るスキーヤーはほとんどいません。

平日のスキー場



誰もいないゲレンデの頂上に立ち青い空に広がる雲とその向こうの山々を眺めながら・・・

ゆったりとした時間の流れを楽しんでいました。

平日のスキー場

これってスローライフでしょうか?




「スローライフだナ」と思った方【ログハウス】【薪ストーブ暮らし】にポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ログハウスに似合うインテリアをお探しならペーターランドにお任せください。
会員登録を先に済ませていただくとご購入時に5%の割引特典が受けられます。

リース



スポンサーサイト
[ 2011/12/22 21:05 ] ログハウス森暮らし | TB(0) | CM(6)

いつかはスローライフ・・・

こう言う人って結構いると思うんです

スローライフって私が思うに一生懸命働いて、人生の後半にご褒美として貰える時間だと思うんですよね~

初めからスローライフ的な生活をしている人はそれがスローライフだと気付かないんじゃないかな~
私もスローライフは夢ですが、自給自足の生活は決してゆっくりなな生活ではないでしょうね~

ペーターランドさんは薪割りがなかったらスローライフなの?
ストーブのないスローライフならば、 ファストライフ??の方がいいですよね!
[ 2011/12/23 01:15 ] [ 編集 ]

makiwariさん

私は昨年の5月までサラリーマンをしていました。
その時はまさしく”ファストライフ”の毎日でした。
そんな生活に嫌気がさして長野県に引っ越してきました。

私は欲張りですから薪割りがなかったら違うこと(夢)に時間を費や
していると思います。
したがってストーブがなくてもスローライフにはならないでしょうね。
ちなみに私のモットーは「夢は叶えるためにある」です。

もともとヨーロッパで暮らす人たちの生活を見て誰かが「スローライフ」
と言う和製英語を作ったらしいです。
日本人は会社に人生(ライフ)を捧げていますが、
欧米人の多くは自分や家族のために人生を捧げています。
私が目指すスローライフはズバリそれですね。

この一年間何度も書き込みをいただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。







[ 2011/12/23 22:38 ] [ 編集 ]

はじめまして。同じブログ村薪ストーブライフに登録している焚火人と申します。
お隣の立科町で週末薪販売をしています。
先日軽井沢に薪配達に行った際、そのお客様にペーターランドさんのブログのことを教えていただきました。読み始めたら止まらなくって。
自分は平日会社員なのですが、冬の休日を薪作りに費やしています。特に利益追求の鬼ではないのですが、薪と触れ合っているのが楽しくって。

最近会社生活に疑問を抱くようになっているのです。その時にこの記事を目にしました。
自分は今子供に一番お金がかかる時期でして、ある程度自分を犠牲にしても稼がねばならない時です。
でも、自分の考えはまさに欧米人のスローライフ的思考でして、毎日遅くまで残業三昧の日々にはちょっと・・
何を言いたいのかまとまらないままコメントしてしまいました。
ペーターランドさんの世界に吸い込まれてしまったようです。
今後もオジャマさせていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

[ 2014/10/07 21:23 ] [ 編集 ]

焚火人さん

随分と前のブログにコメントをいただき有り難うございました。
そして・・・初コメントありがとうございます。

今はノンキな還暦生活を送っておりますが、55歳と8ヶ月で30年間勤めた会社を辞するまでは精神的にも肉体的にも相当ハードな生活を送っておりました。
そのご褒美が今の生活だと思っています。そして、辛い生活があったからこそ、「一生懸命楽しく生きよう」って思う気持ちが人一倍強い気がします。

たくさんの辛い経験の後には、楽しい生活が待っていますよ。
でも・・・
自然の中での生活や北海道へのバイクツーリング、薪の販売・・・他の人からすれば、焚火人さんの暮らしぶりを羨ましく思う人は大勢いると思いますよ。

お近くのようなので、売店にも機会がございましたらお立寄りください。
土・日・祝は店の手伝いをしています。

追伸:薪を配達した軽井沢のお客さんにも「ペーターランド通信をご覧頂き、ありがとうございます」とお伝えください。
[ 2014/10/08 21:38 ] [ 編集 ]

ペーターランドさん
自分もその歳になったときにご褒美だと思えるような人生を送りたいと常々思っています。
実は、大河原峠は一度も行ったことがないのです。
立科は実家で、自分は今坂城町に住んでいます。週末立科通い生活ですね。
機会があったら是非立ち寄らせてください。
今後もペーターランド通信を楽しみにしています。
[ 2014/10/09 12:48 ] [ 編集 ]

焚火人さん

売店は10月末でクローズいたします。
来シーズン、お子さんと一緒に池巡りの
ハイキングでもいかがですか。
[ 2014/10/10 20:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paterland.blog118.fc2.com/tb.php/252-6a9a87e4