陶芸始めました!

昨日は雨で屋外での作業ができなかったため、ミセス・ペーターランドが通い始めた陶芸教室へ一緒に出かけました。

望月窯

この陶芸教室の特徴は轆轤(ろくろ)を使わないため初心者でも簡単に器を作ることができます。

また気の遠くなるような粘土をこねる作業も一切行なわないのも嬉しい特徴の一つです。


まずこねてある粘土を2キロ(二人分)ビニール袋から切り出し、適当な大きさにちぎり麺棒を使って均等に粘土を平に延ばしていきます。

陶芸

延ばした粘土に型紙を被せ、金ヘラで型紙に沿って粘土をカットします。

陶芸

小鉢の型に丸くカットした粘土を被せ手の平でやさしく型に粘土を押しあてていきます。

陶芸

今度は小鉢の底の部分を作ります。

手の平を使って粘土を転がしヘビのように長細くします。

なかなか同じ太さにならなかったり時間をかけ過ぎるとヘビの胴体が乾燥してひび割れを起こします。

全体を振り返るとこのヘビ作りが一番難しい作業でした。

陶芸

完成したヘビの胴体を型に押し当てた粘土の上にのせ、ヘラを使いヘビの胴体の外側と内側の隙間を埋めていきます。

陶芸

湿らせたシカの皮でヘビの胴体を加工します。

底にはイニシャルを入れました。

陶芸

最期に小鉢の淵を湿らせたシカの皮で滑らかにします。

短時間で2つの小鉢を作りました。

陶芸

出来上がった小鉢はしばらく自然乾燥させ、800℃で素焼きをした後に釉薬(ゆうやく)と呼ばれる上薬をかけてから1400℃で焼く工程が待っています。



「陶芸教室行こうかナ!」って思った方【ログハウス】【薪ストーブ暮らし】にポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2012/04/15 09:51 ] ログハウス森暮らし | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paterland.blog118.fc2.com/tb.php/271-410466a6