スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どんど焼きに行って来ました!

「どんど焼き」に行って来ました。


皆さん手には木に吊るした団子を持ってやって来ました。

P1080812.jpg

P1080808.jpg


どんど焼きの準備が整うと青竹で組んだヤグラに火を点けました。

P1080814.jpg


火はあっという間に燃え広がり時おり青竹がまるでライフルを発泡したようにバン・バン・バァ~ンと大きな音を立てて爆ぜました。


谷間にこだまする青竹の爆ぜる音と共にヤグラが静かに崩れていきました。

P1080818.jpg


やがて火の勢いが納まると・・・

P1080821.jpg



持参した団子を熾き火で焼きます。

P1080826.jpg

食紅でカラフルな色をつけた団子は繭玉(まゆだま)団子と呼ばれています。

養蚕(ようさん)が盛んな時代にはカイコ繭の豊作を祈り、この時期になると繭玉団子を家に飾ったそうです。

P1080825.jpg



熾き火にあたりながら貰った団子をいただきました。


これでこの1年を無事に過ごすことができそうです。



「どんど焼きの団子食べたいなぁ」って思ったそこの方【ログハウス】【薪ストーブ暮らし】にポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2013/01/14 10:45 ] ログハウス森暮らし | TB(0) | CM(4)

だるまさんとかもいますね。
地区ごとに行われるのでしょうか。

[ 2013/01/15 10:01 ] [ 編集 ]

焼き団子なんですね

カラフルな色が付いたモノもありますが、こういう風習は続けて欲しいものですね。
[ 2013/01/15 14:01 ] [ 編集 ]

bambiさん

ここは昔養蚕が盛んな土地で「お蚕さん」と呼んで蚕と一緒に生活していました。その当時の暮らしぶりが今でも習慣となって残っているんですね。きっとこれからもこの風習は残るんじゃないでしょうか。

[ 2013/01/15 21:30 ] [ 編集 ]

Dra & 長靴さん

地区ごとと言うよりも組ごとに近いですね。

あちらこちらの田んぼで「どんど焼き」の煙が揚がってます。

ダルマは組によっては燃やすのを禁じている所もあるそうですが

青竹と赤いダルマのコントラストが大変目を引きます。

[ 2013/01/15 21:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paterland.blog118.fc2.com/tb.php/403-37d6b5aa









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。