五平餅を作っちゃいました

風も無いたいへん穏やかで暖かい一日でした。外の温度計の針は10℃を指しています。
温度計

午前中に敷地に転がる伐採木を片付け、お昼ちょっと前から五平餅を作り始めました。
長野県の木曽や伊那地方などで昔から伝わる五平餅は、ご飯をつぶして作った餅に串をさして焼き、その上に味噌ダレをたっぷりかけた郷土料理です。

五平餅を刺す串を用意します。5ミリ厚の杉板を使って長さ40センチの串を作りました。
五平餅の串
良く洗ったら、完全に乾燥させてください。串が濡れているとお餅を焼いている時、串からお餅が落ちてしまいます。

タレの材料は味噌、クルミ、ゴマ、砂糖、酒、味りんです。夫婦共にアバウトな性格なので分量は適当です。
味噌ダレ
家内いわく「お味噌を一番多く使い、五平餅のタレっぽい味にする事」だそうです。・・・そんなイメージでお願いします。

お餅になるご飯は白米を普通に炊けば良いですが、今回はモチモチ感が増すようにもち米を30%加えて炊きました。炊き上がったご飯をボウルに移し、すりこ木を使ってご飯をつぶしお餅にしていきます。
すりこ木でご飯をつぶす

ご飯がお餅っぽくなったら串にさし『五平餅』風の形にしたら、ストーブトップの蓋を取り外し、そこに串をのせます。この時のストーブの表面温度は、150℃から180℃位に調節します。イメージ的には囲炉裏の温度です。

ストーブトップでお餅をあぶる
お餅が少しキツネ色になったら裏返します。片側が10から15分程度でキツネ色に焼けます。

味噌ダレをお餅の両面につけたら、もう一度ストーブトップで両面を焼きます。あまり焼きすぎると味噌ダレが焦げますので注意してください。
味噌ダレをぬった五平餅

反省点:お餅をもっと平たくしたほうが良かった。味噌ダレをたくさんつけすぎてしまった。それ以外はほぼパーフェクトな『五平餅』でした。満足 満足・・・

ブログランキングに登録しています。【ログハウス】【薪ストーブ暮らし】どちらかをクリックして頂くと、私のブログに一票入がります。ポチよろしく。
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ログハウスに似合うインテリアをお探しならペーターランドにお任せください。会員登録をしていただくと割引特典が受けられます。

スポンサーサイト
[ 2010/12/01 18:31 ] 薪ストーブクッキング | TB(0) | CM(2)

五平餅、美味しそうです♪
ストーブで焼くと格別なんでしょうね~♪
我が家は、今年ウッドデッキでよくバーベキューしましたが
墨で焼くと何でもとっても美味しかったもの♪
薪ストーブなら、暖かいし、お家でこうやって
いろいろ焼いて食べれて楽しそう♪
そして、串も作っちゃうなんてさすがですね^^ ぽちっ☆
[ 2010/12/01 19:12 ] [ 編集 ]

ご訪問どうもありがとうございました

はじめまして、svetlaと申します。
スキーチューンの件、教えていただき、
どうもありがとうございました。
さて、薪ストーブが楽しい季節になってきましたね。
五平餅、とてもおいしそうです。
ただ我が家は天板があかないタイプなので、
同じようには無理そうです。
熾火になったときに、火室内で試してみます。
[ 2010/12/02 23:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paterland.blog118.fc2.com/tb.php/54-7d6cb8e7